車検ガイド TOP -> 車検の期間

車検の期間

車を維持する上で裂けて通ることができない車検ですが、車検の期間はどれくらいまで有効なのでしょうか。
車検は車の種類やその用途によって変わります。
普通乗用車の場合には、新車の車検後は3年、通常の継続車検後の有効期間は2年間です。
このため、乗用車を所有している場合、通常は2年に1回車検を受け続けなくてはならないということです。
これは普段の維持費のほかに、なかなか頭が痛い出費ですが、車検が切れた車は公道を走ることができませんので仕方のないことなのかもしれません。
同じ乗用車でも、レンタカーの場合には、車検の期間は新車、継続関係なく2年間の有効期限のため、2年ごとに車検を受ける必要があります。
また、大型トラックの車検の期間は1年間のため、毎年車検を受けなくてはならないのです。
車の大きさやその用途によって変わる車検の期間ですが、通常の乗用車の場合には2年ごとと考えておけば問題ないでしょう。
しかし、車検は1日でも切れたら公道を走ることができなくなるので、車検の期間が切れる前に、早めに車検を通すように余裕を持ってスケジュールを組むようにしたいものです。

その他の記事

pagetop